« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

「あくたがわりゅうのすけ」知っているかな? 

国語読解教室では、高学年向け11月の教材として

「あくたがわりゅうのすけ」

の「白」という作品を取り上げました。

あくたがわりゅうのすけ

漢字で書けますか?
書けなくてはいけないわけではないですが、
小学校高学年で、せっかく作品に触れたのですから、
きちんと書けるようになっておくといいですね。

「あくた」というのは、「芥」という漢字を書きますが、
この意味を知っていますか?
ぜひ辞書で調べてみてください。
知らなかった人は、きっと意味を知ったら驚くと思いますよ。

さて。

授業では、「あくたがわりゅうのすけ」(ひらがなで書いておきますね)の
「白」という作品を取り上げましたが、
こちらの作品は、児童の皆さん向けに書かれたものと言われています。

ほかにも小学生のみなさんでも読める作品が
いくつかありますから、
ほかの作品にもぜひチャレンジしてください。

むずかしい小説を読むことにチャレンジするときは、
読めない漢字が出てきて、先に進めなくなってしまいますか?
ひとつひとつの漢字が読めなくても
どんどん先に進んで読み進めてみましょう。
文章の先に、読めなかった漢字のヒントになる
物語が出てくることもありますよ。

みなさんには、たくさん本を読んでほしいと思います。

51uyqw6jivl__sl500_aa300_

蜘蛛の糸・杜子春 (新潮文庫)

全国どこからでも、東京の授業が受講できます!~オンラインライブ授業の様子~

全国どこからでも、東京の授業が受講できる
オンラインライブ授業の様子を
紹介しましょう。

小学校3年生の授業の様子です。
3年生の授業のライブ放送は、
月曜日 17:00~17:45
水曜日 17:00~17:45です。

お家のパソコンをネットにつないで
生放送を見ながら授業を受けている生徒さんもいらっしゃいます。

また、放送終了後は、7日間24時間、録画を公開していますので、
習い事などで生放送が見られない日は、
もっと遅い時間に見ている生徒さんもいらっしゃいます。

また、土日に固めて、国語・算数と
2コマ続けて放送を見ているという生徒さんもいらっしゃいます。

自分の都合に合わせて
自由度が高いというのも、オンラインライブ授業の
メリットです。

一方的に放送を眺めているだけでなく、
講師の問いかけに自主学習を始めたお子さんも
いらっしゃいます。

時事的補足学習も充実しているオンラインライブ授業、
くわしい内容をお知りになりたいかたは、
事務センターまでお電話もしくは、
infoアットマークnihon-eisai.co.jp
までどうぞ。

体験授業をご案内できます。

事務センター 03-3849-6253(月~金 10:00~17:00)

1
▲小学3年生 算数

2
▲小学3年生 国語

漢字の足し算 ~季節編~ 

「木」を取り上げた漢字の足し算を紹介しましたので、

今度は「木」に季節を足し算したら、
どんな感じになるのかを考えてみましょう。

1)「木」+「冬」

お答え、わかりますか?今の季節にぴったりの漢字が
できあがります。

ではほかの季節も足し算してみましょう。

2)「木」+「春」

答えは春に関係するものでしょうか?どうでしょうか?

では、「夏」や「秋」とは足し算できるでしょうか?
辞書を調べてみましょう。

続きを読む "漢字の足し算 ~季節編~ " »

「モーツアルトの顔」展覧会

明日、11月25日までの開催ということなのですが、
第一生命保険本社 1Fギャラリーで
モーツアルトの肖像画が公開されているそうです。

国語読解教室では、
モーツアルトを聴くというカリキュラムも実施していております。
(モーツアルトと学習効果については、
また後日とりあげます)
オンラインライブ授業では、モーツアルトの肖像画も
いくつか紹介しており、
受講している生徒さんには、
なじみのあるものですね。

開催期間が明日までということですが、
ぜひ見てみたい絵画ですね。

くわしくはこちらにあります。

漢字の足し算をしてみよう!(初級編)

小学生に人気の漢字の足し算。

今日は、低学年の子供たち、新小学1年生でも考えられる問題を!

1)「木」+「木」=?

木がたくさんあるところはどこですか?
そう山には木がたくさんありますね。
上の問題ができたら、もっとたくさん木をくっつけて
漢字を作ってみましょう。

2)「木」+「木」+「木」=?

どんなふうに木をくっつけたら漢字になりますか?
自由に考えてみましょう。
左右に3つを並べてもいいですし、
上下に3つ並べて書いてみてもいいです。
自分の漢字ができあがったら

「辞典」というものをしらべてみましょう。
お父さまやお母さまに手伝っていただいてもいいです。
自分の作った漢字はありました?
違う組み合わせの漢字ならありましたか?

それはなんと読む漢字でしたか???

辞書にのっていた漢字を
指を使って空中に書いてみましょう。
読み方を大きな声でお話しながら書くといいですね。

続きを読む "漢字の足し算をしてみよう!(初級編)" »

恒例の軽井沢冬期合宿を実施いたします!(参加人数限定募集)

日本英才教育恒例の、冬の軽井沢
冬期軽井沢合宿を今年も実施いたします。

無学年式学習を実施いたしますので、
送れてしまった学校の補習・復習や、
先取りの学年の学習をすることができます。

また都会では味わうことのできない
冬の軽井沢を子供たちが満喫できるよう
エキサイティングなレクリエーションもたくさん用意しております。

詳細は、こちらを参照の上、
お申込みください。

人数限定での募集となります。
11月22日現在、残席わずかとなっております。

お申込みはお早めにどうぞ。

冬期講習会の受付を開始しました

小学1年生から、高校3年生までを対象とした
冬期講習会を実施いたします。

教室形式のほか、オンラインライブ授業また、
オンライン1対1個別授業も実施いたします。

オンライン1対1は、お好きな時間に受講できます。
(※担当講師と調整の上、決定いたします)
お申込み順に時間調整などを実施いたしますので
人気の時間帯は、早めに満席となります。
ご希望の方は、お早めにどうぞ。

オンラインライブ授業は、生放送後7日間録画を
公開いたしますので、好きな時間に何度でも
受講できます。

くわしくはこちらを参照の上、
お申込みください。

先取り1年生クラスの募集をいたします

小学校入学準備クラス 先取り1年生クラスを12月より開講いたします。

先取り1年生クラスは、
入学時には、1年生で学習する国語・算数の学習内容を
身に着けられ、余裕を持って入学にのぞめると
好評いただいております。

ネットでのオンラインクラスも開講いたします。
全国どこからでも受講できます。
(録画は7日間公開いたしますので、好きな時間に
何度でも受講できます)

詳細は、こちらからレターをダウンロードの上、
お申込みください。

※募集の終了したレターはダウンロードできなくなります。

なんて読むのか想像してみよう!漢字の読み方にチャレンジ!

オンライン国語読解教室では、
通塾クラスとは、ちょっとちがったプラスアルファの学習も
実施しています。

今回は、漢字の読み方にチャレンジ!

ブログを見てくれているみなさんにもお教えしましょう。

まず、漢字の足し算です。

魚 + 希

魚へんの漢字はたくさんありますね。
右側に「希」という字を足し算した漢字を書いてみましょう。

「鯑」

書けましたか?
さて。この漢字はなんと読むのでしょうか。
思い浮かびますか?(想像でかまいません!)

では、「希」という字の意味を知っていますか?
きっとみなさんは、「希望」という言葉で、この字を使いますね。

「希」には願うという意味がありますね。
そのほかにも意味があるんです

「希少」「希有」という言葉をしっていますか?
どんな意味だと思いますか?
想像してから、辞書を引いていましょう。
わかりましたか?

「希」という漢字も辞典をひいてみましょう。
願うという意味のほかにも、「めったにない」という意味が
のっていましたか?

では、問題に戻りましょう。
魚 で、めったにないもの・・・。
さて。いったいなんでしょうね!

オンライン国語読解教室の生徒さんは、今週の授業で
読み方の放送がありましたから、
もうおわかりですね。

では、

魚へんの漢字はたくさんありますから、
右側にどんな漢字をつけると
どんな読みかたになるのか、
右側につける漢字の意味と
漢字の読み方がぴったりくるものはほかにないか
探してみてくださいね!

大好きなネコから、知識を広げてみよう!

ネコの大好きな小学生。

「ネコを漢字で書けますか?」
たずねてみたところ

「はい。」

さらさらと「猫」と書けました。
興味があることから、自分で調べて知識を広げてみる
自主学習のくせがついてきたようです。

発展学習として、
「猫」が出てくることわざを調べてみることになりました。

・猫の手も借りたい
・猫をかぶる
・猫の目のよう
・猫に小判

それから
・猫にかつお節

なんていうことわざを見つけたようです。
大好きなネコ、それぞれのことわざの意味も
思い浮かべやすいようでした。
どんなところを言い表した言葉なのか、
飼っているネコが登場した漫画のようなものが
頭に浮かんできたのだそうです。

これなら、ことわざも楽しく学習できそうですね。
(そしてきっと忘れないでしょう)

では、今度は「犬」の出てくることわざは
どんなものがあるのか、調べてみるのだそうですよ。

そうそう。
「猫」という漢字。
どうやってできたのでしょう?
漢字の成り立ちには、いろいろな言われがありますね。
ぜひ調べて興味を持ってほしいですね。

漢字の足し算にチャレンジ!

楽しみながら、漢字が覚えられる!

学年を超えた漢字をどんどん覚えられる!

おもしろ算国の授業でも、「漢字の足し算」は
子供たちに人気のカリキュラムです。

今日は、どんな漢字ができあがるかな!?
縦に組み合わせる?横に組み合わせる?
それとも・・・。

1) 次 + 女

2) 貝 + 才

ひとつひとつは、みんな知っている漢字ですね。
今日は答えがでたら、
逆にチャレンジしてみましょう。

新聞の中で好きな漢字3つに○をつけましょう。
〇をつけた漢字をじーっと見つめて
分解してみましょう。

たとえば、

漢字の「字」!
じーっと見つめていると・・・。

「ウ」と「子」が見えてきましたよ!!!

みなさんも、今日は組み合わせのほかに、
分解にぜひチャレンジしてくださいね!

続きを読む "漢字の足し算にチャレンジ!" »

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »