2021年11月23日 (火)

食べたいからこそ掴みたい

秋もすっかり深まって、日に日に寒くなってきましたね。
11月、出雲では神在月で神さまが集合するらしいです。
先生は今月14日~16日に、22時出発「サンライズ出雲」の寝台列車に乗って出雲大社に行ってきました。
寝ながら星を眺め、朝焼けを見てとっても素敵でしたよ。

゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・゚・:,。゚・:,。★゚

さて、今日は「おはし(箸)なお話について」。

先日、お教室にいらしているお母さまから
「うちの子はお箸を使うの嫌がります。」
「どうやったら箸つかみをマスターさせられますか?」
とご質問いただきました。
(そういえば新年長さんは11月復習講座では、第1週の授業で「正しいお箸の持ち方」の動画をご覧いただきましたね。大切ですよ。)

*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。

「箸つかみ」って確かに小学校の入試の課題として良く目にしますが
小学校の先生方は特殊な訓練を受けたお子さまを求めているのではありません。
ご家庭の生活の態勢を、課題を通してご覧になっているのです。

お箸は、食べ物を食べるための道具。手を汚さないで楽しくお食事ができる便利で素敵な道具です。
まずは、「お箸で掴んで食べたい」おいしいお料理をお子さまと作るところから始めてみるのはいかがでしょう。

*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。

それでは、季節のお野菜。みんな大好きな「サツマイモ」を使って、お子さまと簡単につくれるお料理を一つご紹介しますね。

 大学芋をつくろう!Photo_20211123140401

◆材料(4人分)

サツマイモ 800グラム(大きなおいも2つ分)
いりゴマ(黒) 大さじ1 揚げ油 適量

▽みつの材料
グラニュー糖 200グラム
水あめ 大さじ2
お水 3/4カップ

◆つくりかた

①サツマイモを切る
サツマイモは、皮をよく洗って、大きめの一口大に切る。Photo_20211123140402
水につけてアクを抜く。
(水を1~2回変えるとよい)

②油にサツマイモを入れる
水気を十分にふき取ったサツマイモを冷たい揚げ油の中に全部一度に入れるPhoto_20211123140403

③火をつけて揚げる
火をつけて、ゆっくりと煮るように弱めの火加減で揚げる。
ときどき菜ばしで混ぜる。
表面がキツネ色になり、竹ぐしが通るようになったら取り出す。

④みつをつくる
別のなべで、材料をゆっくり煮溶かして、みつにする。Photo_20211123140501

⑤みつにからめる
みつをさいばしの先につけて、ちょっと、糸をひく状態になったら、からめどき。
みつのサツマイモをからめる。
お皿に盛り、ゴマをふったらできあがり。

*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。

どうです。簡単でしょう?
でも、お箸でどうしても摘まみたくなるおいしさ。
自分で作ったからこそとびきりに、格別に美味しいのですよね。
作ったときのお話をたくさんしながら、楽しいひと時をご家族でお過ごしください。
きっとお箸を使うのが楽しみになってきますよ。

|

2020年10月27日 (火)

普段通りでお願いします

つい今しがたお電話があり、お母様から国府台女子学院小学部合格のお知らせ。
10月に志望校別直前特訓で先生とお勉強した内容が、そのまま「全部出た」とお子さんがおっしゃっているとのこと。
そんなこともあるんですよね。先生も大興奮です。

10月も残りわずかとなり、私立各小学校の入試日程が目白押しの状況ですね。
これから本入試の日を迎えるご家庭では、緊張や不安の気持ちを抱えていらっしゃる方も多いと思います。

試験までの残り数日間の日程の過ごし方で一番大切なのは、兎に角「普段通り」で過ごしていただく事。
いつものペースを崩さずに毎日を過ごし、試験当日を迎える。
これが一番大事だと思います。

よく「大事をとって」幼稚園や、お稽古事などお休みされる方もいらっしゃるようですけれども
お勧めできません。
日常のペースが狂ってしまうリスクの方がはるかに恐いのです。
幼稚園や保育園、お稽古事、犬の散歩・・・エトセトラ。どうか通常運転でお願いいたします。
その上で、親子で絵本を読んだり、ゲームをしたり、おやつ作りをしたりしてゆったりと過ごして頂ければと思います。

きっと大切な試験の日にはこれまで積み重ねてきた力がしっかり発揮できるはずですよ。



|

2020年10月24日 (土)

僕ここに住みたい

「先生あのね。僕お金払うから、ここに住みたい」

第一志望の私立小学校の受験を目前に控え、Y君は今日が最後の授業日。
Y君の言う「ここ」とは、今先生がおります、日本英才教育のお教室のこと。

英才のお教室に来るのが大好きで、楽しくて。
いつも満面の笑顔で、お教室にかけこんで来ていましたね。

先生も明日も、あさっても。あなたのお顔が見たいです。
きっとY君が一番行きたい小学校の先生もだね。

お教室の先生が、会うのが楽しみになるお子さんは必ず合格する。
これは、本当のことです。
Y君。春になったら、ピカピカのランドセル。
きっと見せに来てね。



|

2014年11月25日 (火)

大島教室開講のお知らせ

日本英才教育では、このたび、大島教室を開講いたしました。
開講学年、開講クラスについては、
事務センターまでお問合せください。

03-3880-3281
月~金10:00~17:00
土日祝除く

|

2013年9月 9日 (月)

親子面接特訓<第1日目>

昨日は、親子面接特訓の第一日目でした。
参加されたご家族のみなさん、
大変お疲れ様でした。

小学校受験の合否の大きなカギをにぎる「親子面接」
毎年、いろいろなご家族の様子を拝見することになる
この親子面接、昨日もいろいろなご家族がいらっしゃいました。

にこやかなお子さんも、
「緊張しているのよね。」のお母さまの言葉に
暗く肩を落としてしまったり。

ぎくしゃくぎくしゃく。
お父さま・・・。
前に進まないと・・・。
面接開始できませんよ・・・。

初めて経験される方もおおかったご様子で
面接室に入る→きちんと立つ(どこに立ちますか?わかりますか?)
→ご挨拶をする・おじぎをする→椅子に座る
この面接が始まるまでの一連の動作、
合格点を差し上げられるご家族は、皆無でした。

面接内容に関しても、昨日、どのご家族にも
同じようなマイナスポイントをお話させていただきました。

本番では、ぜひ、昨日の経験を生かし、
余裕を持ったお答えをしていただければと思います。

Img_0298


Img_0297

22日に再度受講されたい方は、
事務センターまで問合せください。

|

2013年8月 6日 (火)

年長児オンラインクラスの動画

大きな画像でご覧になりたい方は、
こちらをクリックしてください。
(youtubeのページに移動します)

|

2013年2月14日 (木)

オンライン受講について

海外赴任中の方や、遠方でお教室に通えない方、
また小さなお子さんがいらっしゃる方などに
ご好評いただいている、オンライン受講は、

総合クラス、個別クラス、学校別クラスなど
ご希望のクラスカリキュラムでの受講が可能です。

志望校や、お子様のレベルに合わせて
多彩なプログラムの中から、
ご相談の上、詳細をお決めいたします。

ご相談は、事務センターまでお電話でどうぞ。

03-3849-6253
月~金 10:00~17:00(土日祝お休み)

|

2012年9月27日 (木)

オンライン授業10月受講者の方へ

オンライン授業
(年長児クラス/知能レベルアップクラス)の
10月受講者の方へ
パスワード等のお知らせメールを送信いたしました。

宛先不明にて戻ってきている方はいらっしゃいませんが
お手元に届いていない方は、
infoアットマークnihon-eisai.co.jp
までご連絡ください。

|

2012年8月20日 (月)

親子面接特訓こぼれ話

親子面接特訓は、以前は1回(1日)の日程で
実施しておりました。

受講された方から
「頭が真っ白で何も覚えていないので、もう一度実施してほしい」
と言うお声をたくさんいただいて、
2回の日程で実施するようになりました。

ここ数年は、
第2回目にお申込みになり、さらに
「もう一度実施してほしい」とおっしゃる方がよくいらっしゃいます。

2回の日程を設定してありますので、
1回、2回とお受けになったらよろしいのに。
と申し上げたことがあります。

「いやなことは、後回しにしたほうがいい」

とおこたえされました・・・。

受験の準備、後回しにされるのは、ご家族の都合も
ございますでしょうから、いっこうにかまいませんが、
準備をしようが、しまいが、

受験日というのは、どなたにでも同じようにやってくるのです。

早めに準備を「する・しない」
あなたはどちらになさいますか???

とにかく親子面接特訓では
毎年、いろんな家族のドラマを見せていただいております。

これだけ申し上げているのですから、
今年は2回目を受けたあと、同じお話を聞かずに
すむことをいのります。

|

2012年7月11日 (水)

一歩一歩。前へ進むこと。

受験特訓セミナーが終了いたしました。
ご参加いただいた方、

思っている以上に、ご自身が現段階で準備ができていないこと

を痛感していただけたかと思います。
セミナーでお話させていただいたことを
今から、ひとつひとつ。一歩一歩。前へと進んでいくこと。
着実に準備をしていくこと。

これが、合格する親のゆとりを生み出していくものだと
感じていただけたかと思います。

毎年、同じことになってしまうのですが、
受験直前になって、

「あれがない。」

「これはどうするんだ」

「どうにかしてくれ」

といろんなお話をされる方がいらっしゃいます。
母親教室や、セミナーでお話させていただいたことの
知識がまったくなく、受験直前に

「合格するにはどうしたらいいんだ?」

と駆け込んでくる方には、こちらもアドバイスもなかなか
通じることがなく、

(もっと早くに準備していただければ、合格圏内なのに・・・)

と残念に思うことがよくあります。

セミナーを受講された方は、そのようなことがないよう
みなさんたくさんメモを取られていらっしゃいましたので、
なんども見直していただきたいと思います。

それから、書き込みをする時間も設けましたが、
そちらに書き込めず「白く」なっている部分も
よく見直しておきましょう。

(同様の講座は、今期は終了となります)

|

より以前の記事一覧