« 普段通りでお願いします | トップページ

2020年11月12日 (木)

小学校入試サポートクラス開講

💓クラスについてのご案内書は、こちらよりダウンロードしていただけます。

『小学校入試は親の入試』とも言われますがこれはある意味当たり前のことです。

宗教的なものに代表されるように、学校ごとの個性といったものはあるにしても、小学校側が求めている「ぜひ入学して欲しいお子さん像」というのは、殆ど違いがないと言って良いでしょう。
即ち、「健康で」、「社会性のある」、「情緒の安定した」子どもといったことになります。

ところで上記のような事柄は、子ども自身が持って生まれた特質というよりも、健全で愛情にあふれ、親子間のコミュニケーションが正しくとれた家庭環境とは切り離して考えることのできないものばかりです。

直接的に、親の考え方が問われる「願書」や「面接」といったものは無論のことですが、「お子さんの発言する言葉」、「立ち居振る舞い」を学校が見るとき、そのバックボーンにある保護者の考え方、子育ての仕方こそが注視されているのです。

ややもすると中、高、大学入試のイメージでペーパー学習を代表する知的訓練に偏りがちな家庭での小学校入試対策ですが、
入試の合格だけを目的とした特殊「訓練」のような学習経験が、子どもに悪影響を及ぼすことは言うまでもありません。
本来、幼児期の学習は、母子を中心とする親子のコミュニケーションの中で遊びながら行われるべきものなのです。

当教育で12月より開講する「小学校入試合格サポートクラス」は、志望小学校の合格という目標に向けて
「親子で一緒に遊びながら学ぶ」「体験を通じて学ぶ」「毎日の生活の中で身につける」という本来あるべき家庭学習方法により
無理なく楽しく学習していただく為のクラスです。
当教育にご縁をいただいたご家庭の方には、必ず望む結果を手にしていただきたい。
その思いから開設するクラスですので、このクラスは当教育ご在籍生を対象として実施し、受講料は一切いただきません。

「○○学校はペーパーの足きりがあるのは確か」
「××学校合格者は殆どが塾を掛け持ちしている」
等など、まことしやかなうわさ(しかも不合格者が発信している情報が非常に多い)に翻弄されることなく
授業での進学指導とサポートクラスでのご指導を十分に吸収、日々実践し、入試までの日を重ねて行ってください。
それこそが、確かな合格力を身につけていただく一番の近道になると確信しております。

 

|

« 普段通りでお願いします | トップページ