« 第8回母親合格講座のお知らせ | トップページ | カリタス小学校説明会日程 »

2009年6月 3日 (水)

変身ふたたび

1年間の産休を終えて5月からバリバリのキャリアウーマンに復帰したお母さん。
仕事復帰前に輪をかけて、ますます忙しくなった朝の時間。
「ほら、早くしなさい!」「ぐずぐずしないの。」
迫る時間に、思わず出てしまうするどい言葉。
「そんなにかーかー言うな!」 いらだつお母さんの声に、お父さんの声も思わずトーンアップ。 飛び交う声と声。いらいらした雰囲気が、一家を飲み込んでいました。
・---・---・---・---・---・---・---・---・---・
ところが、事態は思わぬ展開を迎えます。
なんと温和だったTちゃんが、保育園で攻撃的な子供に変身! 他の子をいじめたり、園のお道具を壊したり。先生の言葉にもそっぽを向いてしまいます。
「私達はお母さんにアドバイスはしませんから、自分でお考えなさい。」
保育園の個別面談で先生にこう言われたお母さんはもう、目の前が暗くなる思い。
すがる思いで、英才の電話相談窓口へいらっしゃいました。
「お母さん、早く早くの手出し口出しを我慢しなさい」
じっとお母さんの話を聞いていた担当の先生は、一言こうおっしゃったそうです。
育児・家事・仕事に追われるお母さんにとって、これは容易な事ではありません。
でも、お母さんは真剣でした。 ぴたりと「早く早く」の手出し口出しをおやめになったのです。
すると、どうでしょう。 1週間で、Tちゃんの様子に変化が現れました。
そうです、Tちゃんは、元の無邪気で温和なTちゃんに戻ったのでした。園の先生から、この事を聞いたお母さんは、どんなに安堵した事でしょう
・---・---・---・---・---・---・---・---・---・
先日に引き続いての子供の「変身」ニュース。 続けて読んでいると、気づかされる事があります。 それは、親の行動が、子供に与えている影響の大きさ。 特にこの幼児期は、子供のする事は全て 親の行動を鏡写しにしたもの と言っても過言ではありません。 ただ、子供なので、表現の仕方が親と異なっているだけ。 そう考えると、日々のわが子を見る目も変わってきそうですね。

|

« 第8回母親合格講座のお知らせ | トップページ | カリタス小学校説明会日程 »