« 有名小学校願書閲覧会実施のお知らせ | トップページ | 年長児夏期合宿満席のお知らせ »

2009年4月28日 (火)

発言力・表現力を鍛える「作話」特訓実施

知っていますか? 発言力・表現力の重要性

知っていますか? お子様の実力

では、発言力・表現力4項目チェックにお答えください。

     入試のとき先生に自発的にしっかりあいさつできますか?

     お子様は初めての場所や初対面の人に自分の伝えたいことを臆せず伝えることができますか?

     自分が考えたことや思ったことをわかりやすく人に伝えることができますか?

     いろいろなお話を想像豊かに楽しく他の人にお話できますか?

上記4項目が現段階ですべて○であるというお子様。残念ながら、現場の先生方のお声を聞く限り、現段階での該当者は「いない」と断言しても過言ではないようです。(太線のところがポイントですよ)

普段の生活の場から離れた場所、身近な人から離れた場所で「発言すること」「表現すること」。これは子どものみならず、多くの大人が不得手とする事ではないでしょうか。

それが、「初めての」「入試の場」でという事になれば、これは言わずもがな・・です。

さらに、この発言力・表現力を端的に測る事のできる「作話」の問題は、毎年私立・国立小学校入試の必出問題なのです。

上記のような力の備わった子供。それは、小学校側が求める「社会性」の身についた子供に他ならないという事です。それが、最も効率良く図れる「作話」の可否が、合否に大きく影響するというのは当然の事かもしれませんね。

さて、上記のような現状から設けられた講座が、今回の 入試最重要演習 発言力・表現力を鍛え パターン学習でだれもができるようになる「作話特訓」です。

この講座の秘密は全てこのながーいタイトル名の中に! 詳細をお知りになりたい方は、ぜひsoonこちらをご覧ください。

「あら、元気な声ねー。授業の中もお帰りの時みたいに、元気よくお話するようにしてね。」

「家では、いつもうるさいくらい元気良く、おしゃべりする子なんですよー。」

お帰りの際の、先生とママとの会話です。

本当に。ママやパパが一緒にいる時のB子ちゃん。授業の時の小さな小さなお声、時には先生の質問にも声を出せず、首を左右にかしげるだけのB子ちゃんとは全く別の子どものようです。

うーん。B子ちゃん、今回の講座、本当におすすめ・・です。

|

« 有名小学校願書閲覧会実施のお知らせ | トップページ | 年長児夏期合宿満席のお知らせ »