« ユニゼミHP開設のお知らせ | トップページ | 父と過ごせば我慢強い子 »

2009年3月18日 (水)

第6回母親合格講座のお知らせ

4_4 気がつけば桃の節句も終わり、3月も半ば。小学校、幼稚園入試本番まで200日を切りました。来週からは各教室で春期講習も始まります。いよいよ本格的に『受験準備』を意識され始めたお母様、お父様も多いのではないでしょうか。《写真は第5回母親合格講座の様子(茗荷谷会場)》
さて、今月末3月30日より3日間にわたり、今回6回目となる、
「第6回母親合格講座」が開講されます。
まずは入試必出領域の受験対策について。今回はその中でも、多くのお母様が『わが子の苦手領域』と意識されている
「常識」「お話作り」「数量」の3領域にスポットをあてて解説します。
「常識」。先日実施されたばかりの第4回の公開模擬ペーパー部門でも、平均点の低かった領域です。しかし「常識」の問題は、科学、生活、季節、言語など分野も多種多様。なかなか手をつけづらい・・というのが実状なのかもしれませんね。本番入試で
「合格点」を取るための対策方法。出題範囲の広いこの領域だからこそ、今、この時期に聞き逃せない内容です。
「お話作り」。勘違いされがちですが、入試で求められる「お話」は、幼稚園やお家で先生やご家族とする「お話」とは、趣旨が異なります。すなわち 「良くおしゃべりする」≠(ノットイコール)「お話作りが得意」という事です。さて、入試で必ず出る「お話作り」を我が子の得点源にする「秘訣」とは?
「数量」。春期講習の「領域別強化対策コース」でも、現在最もお申込の多いコースです。①数量 ②加算・減算・多少比較 ③軽重比較 ④計数 などの基礎問題から、難問までを、もし「簡単」かつ「短時間」に解く方法があるとしたら・・・。ぜひとも知りたいですよね!
また、5月からいよいよ始まる『後期直前特訓授業』確実に合格力をつけるための効果的な受講の仕方について(合格実例、合格ノウハウを公開)や、合格を確実にするために「必須」学校説明会・見学会の効果的な参加の仕方(正しい参加の仕方・研究ポイントを解説)、後期に実施されるなかでも合格実績の高い特訓講座・販売教材について等など、今回も盛りだくさんの内容となっています。
参加者に資料として、「数量」ペーパーを配布。
会場、日程等の詳しい内容はこちらをご覧下さい。
お申し込みは受け付け順となります。参加資格のある方、お申し込みはお早めに!

|

« ユニゼミHP開設のお知らせ | トップページ | 父と過ごせば我慢強い子 »