« 稲穂の実る頃 | トップページ | 開けた口・開いた口・・ »

2008年11月17日 (月)

緊張!の面接。でも「ぜんぶ花丸!」

お教室で眠り込んだり、絵を描きながら楽しそうに鼻歌を歌ったりと、まだまだ幼くて受験ができるかどうか心配しておりました。
先生からは誰とでも仲良くでき、発表もとても積極的と誉めていただいておりましたので面接試験は大丈夫!と思い込んでいました。
ところが面接当日は男の先生とシスター。
緊張した雰囲気に飲み込まれたのでしょうか、娘は声が出なくてシスターと睨めっこ状態。
シスターの助けを頂いて小さな声でやっとお答えをしていました。
私も緊張していましたので終わったときには途方も無く長い時間だったように思いました。
最後のご挨拶はしっかり出来た娘をほめてやりたいと思いました。
合格は遠く感じておりましたので考査は楽しく仲良くやってくるように話し、送り出しました。
「ぜんぶ花丸!だいじょうぶ!たのしかったー!」と戻ってきた娘。
でも私は面接が尾を引きそんな気持ちになれませんでした。

発表を見た瞬間、一人で考査を頑張った娘とお答えするまで根気強く待ってくださった面接時のシスターと考査でしっかり娘を見て頂けたことを思うと感謝の気持ちでいっぱいになりました。
(目黒星美小学校合格)

|

« 稲穂の実る頃 | トップページ | 開けた口・開いた口・・ »