« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月21日 (月)

家族の輪

======================================
牛乳パックで好きなものを作りましょう
======================================
(年長私立選抜クラス課題工作)
Sakana_2 Robotto_4「お魚」:(作品左)きらきら光るうろこは銀色の折り紙で一つ一つ丁寧に作りました。立体的な美しい作品です。
「ロボット」:(作品右)
足の部分に付いている紐を引っ張ると今にも動き出しそう。足の中にはおもりとして本物の電池が入っています。
=============================================
こちらは最年少クラスの作品。モールや折り紙で作る親子工作の課題です。
Sainensyo お母さんとお子さんの作っている時の楽しそうな様子がとても印象的でした。

=============================================
私立クラスの先生からはこんなコメントを頂きました。『最近感じます。 年中、年長クラスともに、工作などの宿題を出していますが、この事が家族の輪を作っているのです。生徒達に 「お休みの日、お父様とどんな事をして過ごしていますか?」 の質問に「お父様と色々な材料で工作を作ったリ・しています。」と・・自然にでてきます。この家族との触れ合いが、何よりの宝だと実感します』   

|

ぼくの秘密はね。

こう切り出した難関クラスのSくん。
・・ほー秘密があるの、何かなー・・と聞いていたら
「金曜日は来るときは眠くていやだなーって思うんだけどお帰りのときはまだ帰りたくないっていつも思うんだー。」
明るい声でお母さんと先生ににこにこ「秘密」を言っていました。
「またらいしゅう!」元気良く階段を駆け下りていきました。

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
Sくん。
行きはよいよい帰りはつまんなかった、でなくて嬉しかった先生です。

|

2008年4月16日 (水)

ご褒美は自信と笑顔

ペーパー特訓

100問の量、高い難易度、3時間集中のペーパー特訓は予想以上の子供たちの頑張りで有意義でした、と講習担当の先生からの報告が届きました。

子供たちが日頃なれている問題については時間設定を短めにしスピードをつけることに重きをおき、また難易度の高い問題は一緒にしっかり解くことで理解を深められるように進めました。
間違えたところをそれで終わりにせず、最後まで自分で解答を見つけ出すという作業を徹底したこと。
子供たちの問題用紙には×が一つも無く、自分の書いた正しい答えが残っていることになります。
このことが「自分でもちゃんと解けるんだ」という自信を子供たちに植え付けることになりました。

お帰りの時には子供たちもずいぶん疲れた様子ではありましたが、たくさんのペーパーを得意気にお母様に見せ、復習プリントをお土産にお帰りしました。
午前中の行動個別模擬受講に続けて午後のペーパー特訓受講のロングコースの子供たちの集中力はどんな学校の試験を受けてもやり切れる底力を身につけたのではないでしょうか。

3時間コースをご受講されたお母様より「ペーパー特訓がとても良かった。是非お伝えしてください。」と電話を頂戴しています。

先生、「フ~」と「ニコー」の3会場の子供たちでした。

|

2008年4月15日 (火)

音読・楽し。暗唱・凄し。

「こわくて 足が?」
「すくむ!」
「友達と?」
「はぐれる!」
「小犬が わたしに?」
「・・なつく?」
「その通り!」
「山に きりが?」
「色づき・・じゃなくて・・立ちこめる!」
「山の 木の葉が?」
「いろ・・色づく!」

<こんなことば 知ってる?>の音読を繰り返した新一年生クラス。
あんまり一生懸命の声だったので、お帰り間際にちょっと暗唱タイム。
音読は楽しいのだそうです。
繰り上がり有りの筆算を頑張り
「は」「へ」「を」の出番の学習をし
先取り1年生クラスから進級した子供たちは、あっという間の2時間を過ごしていました。
継続している子供たちの落ち着きには驚きでした。嬉しかったです。

|

2008年4月 5日 (土)

進級

「幼稚園で一番大きいクラスになってよかったです。」
「年長で背が一番高いのは○○君です。」
「ぼくの行っている幼稚園は○○幼稚園です。年長さんになります。」
-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
春休み明けの年長クラスの子供たちが元気良く発表していきます。

「みんなで会うのは久しぶりでしょ。何でも良いからみんなに聞いてもらいたいことをお話してください。」

の先生の言葉にしっかり手を挙げて
みんなの前での発表意欲満々のこどもたち。
進級したことがものすごく嬉しいようでした。
自ら「年長」と言っていました。

|

2008年4月 2日 (水)

早く見せたい気持ち

先々週に出された宿題を手に手に持っての子供たちがやって来ました。

⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒

一週間の春休み明け、早く見せたい気持ちが堂々と大きな声での発表に繋がりました。
つめた新聞紙で丸みを出し、外側に五大陸の形を貼ったビニールの大きな地球。
コップにビニールを貼り付けて差し込んだストローで息を入れるとむくむくと起き上がるうさぎさん。
傘の雫うけビニールの真鯉緋鯉はきれいな模様が付いています。

⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒

お母様との大作、自信作のお話が出来た子供たちでした。
お母様との時間は子供たちの素敵な力になっていました。

|

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »