« お兄ちゃんが心配だからⅠ(御礼状) | トップページ | 見られています »

2007年12月 8日 (土)

お兄ちゃんが心配だからⅡ(御礼状)

この様に書くと、さも頑張ってきたかのようですが、最後の1ヶ月間は私もイライラして、何をしたらよいかと思いながら何も手につかず、嫌なママだったと思います。ただ、次男の性格を良くわかっているつもりですので、入試や試験に関しては一切強いて勉強させたり、怒ったり問い詰めたりはせず、出来るだけ楽しく遊びの中で吸収できる様に工夫いたしました。

(中略)

長々と書き続けて参りましたが、今後の東京創価を目指すご家庭の為に、少しでもお役に立てればと思い筆を走らせました。

何が良くて合格し、何が悪くて不合格なのかは、はっきりと判りかねる事ですが、私が思ったことは、子供本人の意思と情熱があるかどうかは学校側にも通じるという事と、その意思を成就させる為には、努力は惜しまない親の執念の強さが最重要だと実感しました。

ちなみに長男は、やはり正直に言うと複雑なのでしょうが、一緒に「万歳!!」と叫んでくれ、「自分は中学で合格する!」と(今は)申しております。

最後になりましたが、友人の紹介で、八王子からこの日本英才教育まで通わせて頂く事ができ、感謝の思いで一杯です。不出来な子と親に対し、一生懸命ご指導して下さり、貴重な経験を積ませて頂きました。本当にありがとうございました。

どうかこれからの子供達の為に、先生方のお身体に呉々もお気をつけ下さい。季節柄風邪などで(私の如く)倒れられません様に、御健康をお祈りしております。

|

« お兄ちゃんが心配だからⅠ(御礼状) | トップページ | 見られています »