« お兄ちゃんが心配だからⅡ(御礼状) | トップページ | 受験アンケートの事2 »

2007年12月 8日 (土)

見られています

合格者は1グループ20名中2名       **厳しいテスト**

学芸大附属竹早小学校 女児11月29日

子供1人に上級生女子が1人ずつ付いてテスト室へ。

行動観察テスト

1グループ25名中20名受験 

「立ったままここで待っていなさい。」の指示。

自分の前の子しか見ていなかった。後ろからため息とかごそごそ動く音がした。欠伸もしていた

起立の姿勢で長く待ってから「お待たせしました。」で自由遊び開始。電車、パズル、おままごと、平均台、お店やごっこ。

初めてのお友達と2人でお店屋さんごっこで遊んでから「違うことをしようか」と誘い、平均台でドンジャンケンを始めた。楽しそうだと全員が集まって、幾つものドンジャンケンになって平均台に乗る人ばかりになってしまった。(多過ぎてつまんないな・・と思い)「乗る人以外は応援しよう。」と言って自分から応援を始めた。

応援していたら「他の遊びもありますよ。」と先生が言ってくれたので電車で遊ぶことにした。箱で出来た電車にお兄さんが乗せてくれて、お店屋さんごっこの時のお友達とは違う子と2人で遊んだ。

最初に手をつないでいた人のところに行きなさい。」と先生が言ったので最初のお姉さんのところに行って手をつないだ。

来るときは前から2番だったが今度はうしろから3番目にお姉さんがいた。

個別テスト

「紙を渡しますから、を使って好きな絵を描きなさい。」

B5の紙の真ん中にが書いてある。12色のサインペンで描く。 

を使ってロケットを描き、流れ星を描いていると先生に

「これは何を描いているの?」と聞かれた。

「流れ星です。」

「流れ星を見たことあるの?」

「小さいときに流星群を見ました。」とお答えしてから小さいとき、お母さんと見た流星群のお話を先生とした。

「良くかけましたね。」と言ってくれた先生が

又、さっきのように髪の毛を編みなおしてもらわなくてわねいつもお母さんがしてくださるの?」と言った。

「ときどき自分でします。」

「まぁ、それは素敵ね。」と先生が言ってくれた。 

テスト中トイレタイムが2回あった。1回目は行きたくない人も行きますよ。と言われた。

おトイレを済ませた子のハンカチを畳むところを先生が見ていた自分は立って待っていた。トイレには入らなかった。2回目は行きたい人だけ。

この女児は2名合格者の1人。もう1名は残念ながら抽選で落ちています。

起立で待つ。欠伸が出てしまうほど待つ。身じろぎもせずに待つ。親同伴時の待機時間もきちんと見られています。親子の係わり合い、親の添え手の出し具合。記憶力、反応力、指示の意味理解、聞き取る力。生活での会話、しつけ。

並び順を変えての、最初に手をつないでいた人のところへ行きなさい。トイレタイムでのハンカチの使い方、トイレをしない子の態勢。

幼稚園や保育園、そして家庭ではカバーできない行動観察面。  「これでもか」といわんばかりの厳しいチェックの現実。「普段のお教室はもちろん、公開の模擬テストや時期時期の講習で、しっかり受験対策をとっておく事の大切さを実感しました。」とお母様。

能力を伸ばしてほしい、合格力をつけてほしい、頑張りたい私たちです。

|

« お兄ちゃんが心配だからⅡ(御礼状) | トップページ | 受験アンケートの事2 »