« やっぱりお片づけ! | トップページ | 参観は学習 »

2007年11月26日 (月)

講師授業報告書より

「才能クラス」、「新年長総合クラス」を担当なさる先生より寄せられた授業報告書の内容を一部公開いたします。

年少から2年間才能クラスで授業をうけてきた子が受験クラスに入り、新年長と席を並べてみると、その違いが歴然としている。

新年長初回の授業から落ち着いて席に座っている。集中できており、記憶の留まり方が違う。

話の記憶カリキュラムでは「楽しかったで終わらず、「どことどこが面白かった」と言える。記憶がしっかりしているので、全問正解になる。 又、話の中に出てきた、『木いちご』についてどんな植物なのかを口述するなど、とにかく物をよく知っている。語彙が多いから、他人に良く分かるように話すことが出来る。

才能クラスを楽しんで受講してきた、その内容で勉強の下地が出来上がっていた。積み木、タングラム、折り紙、ペーパーの知識を貯え、第六感だけではなく、考えなければできないペーパーへの集中力はピカイチ。 CD(才能教室家庭学習用CD)を家で聴く態勢がとれるだけでも集中力はつく。 

親子で才能カリキュラムを楽しんでいるうちにお母様の中にも新年長になる準備が出来上がっていたようだ。座り方、子供への接し方ひとつをとっても違っている。受験クラスで私が保護者へ差し上げたアドバイスも、早速実践して下さる。親に聞き取る力がついている。

|

« やっぱりお片づけ! | トップページ | 参観は学習 »