« 顔展のお知らせ | トップページ | 君の名は? »

2007年11月30日 (金)

またまたどんぴしゃり!

「先生!今日の大泉で『ちびまるこちゃん』です ! 夏期合宿に参加した娘が、家に帰ってからも何度も踊っていたあのまるちゃんのダンス。何と本番入試に出てしまいました!!!

学芸大附属大泉小学校の試験後授業を受けに来た現年長練馬教室の方からの情報です。Photo

大泉、1日目

  • お話の記憶 
  • 日本語の分からない外国人に会ったら?
  • 笑っている顔はどれ?

「どれも授業カリキュラム、大泉特訓授業カリキュラムでやって頂いたことです」と、お母さん。

  • ちびまるこちゃんの音楽(合宿!)に合わせて踊る。
  • ジャンケンゲーム。
  • 幅跳び

830分から受付。1501組。体育館では子供が前方、親は後方で待機。受付終了後子供は試験へ、親は校庭で待機。教室は20度です、上着は脱いで親が持つよう指示がある。

お母様の言葉に今年の夏期合宿の様子がよみがえってきました。今年は「まるちゃんの年」とでもいうべき、いたるところでちびまる子ちゃんの曲が聞こえてくる合宿でした。

全体運動プログラムではまるちゃんのテーマソング。皆でリズムに合わせ、リトミックプログラムを実施しました。キャンプファイヤーでは入場行進曲に登場。さらにキャンプファイヤープログラム内で「アララのじゅもん」の曲にあわせて「ネズミたち」と一緒にダンスを踊りました。Photo_10_2

学芸大附属大泉の入試といえば、昨年度夏期合宿メインダンスのテーマ曲「マツケンサンバ」が大当たりした記憶も新しいところです。このまたまたのどんぴしゃには合宿企画スタッフも怖いほどだと・・・。

「英才教育ってやっぱりすごいですよね。」とお母様。

それも支えて下さる保護者の方。先生、職員の力が一つになってこそ。

私もがんばります。

|

« 顔展のお知らせ | トップページ | 君の名は? »